VOICEROID劇場/VOICEROIDで学園モノ:Restart概要

VOICEROIDで学園モノ:Restart

作品方針

2017年秋より無軌道に投稿していた、
VOICEROIDで学園モノ(便宜上一期とする)の方向性を定めたもの。

一期については後述するが、一期を視聴しなくても理解可能な構成を目指す。

この世界はオリジナルキャラクターと
VOICEROIDキャラクターで構成される世界。

VOICEROID勢は原作とかけ離れているため、
VOICEROIDキャラクターを全く知らなくても楽しめる。

ある程度の知名度がある東北ずん子達すら全く違う設定。

舞台

私立”秋田学園”がある街と、その隣町が主な舞台。
学園編の通り、学園を中心に巻き起こる様々な話が展開される。

“何でもありの核実験場”と称している通り、
“作者自身がやりたい事をとにかくやっている”世界でもある。

VOICEROIDキャラクター以外が中心の話も多いため、
好みは別れるので試聴の際は、その辺は覚悟が推奨。

この世界で展開される劇場は本編と日常の二種。
動画リンクは下記をクリック。

ニコニコ動画 / YouTube

スポンサードリンク

          

学園Restart本編:償いと願いの物語


本編は”罪を犯したもの”と”琴葉葵”が行動し、
登場人物の願いを叶える話が主に展開しながら、
この学園世界の真相に迫っていく物語となる。

中心人物の掘り下げなどを中心で、
シリアス&重めの話も多くなると思われる。

後述する日常とは少し空気が違い、基本的に続き物。

 

学園Restart日常:カオスで何でもありな日常


ほぼ単発~短編で完結しているもの。
本編や別の単発にネタを引っ張る事は少ない。
引っ張る場合は未視聴に配慮し補足を入れる。

ジャンルも多岐だが、基本的には雑でドタバタ。
脱ぎや下品なネタも含まれるため試聴の際は後ろに注意されたし。

本編との落差が激しい。

 

学園Restart:登場人物(VOICEROID)

VOICEROID勢/同級生組


琴葉・葵(ことのは・あおい)
VOICEROID側の主人公。
1年F組で副委員長を務める。

この年に私立秋田学園に入学した高校1年生。
何でもありな学園のお陰で、ツッコミに準ずることが多い。

ゆかりと同居していたが
様々な事情で6月から中等部の寮暮らしへ。

現在は年下の由真やイイカがルームメイト。

ある夏の日をきっかけに禊と出会い、
ナガレの依頼によりこの世界の”楽しい”を探すことになる。


琴葉・茜(ことのは・あかね)
葵の双子の姉・15歳。

6月から私立秋田学園に転入した高校1年生。
葵と入れ替わる形でゆかりと同居している。

のんびりマイペースの人見知りで、関西弁。
両親ともに関西人ではないのに不思議である。

凄い勢いで葵に依存しており、
実際は葵の方がお姉さんっぽい。

頭はあんまり良くない。


弦巻・マキ(つるまき・まき)
葵や茜の親友。1年F組。

小学生の頃からの琴葉姉妹の幼馴染。
性格は気楽で、底抜けに明るい。

中学の後期に急成長したため、
自分の色気にまだ気づいていない。

貧乏でアルバイトで生計を立てている。
アルバイト先はイタコの居酒屋。

服装のせいで遊んでいると思われるのが悩みで、
万年、彼氏募集中状態らしい。


紲星・あかり(きずな・あかり)
葵のクラスメイト。
1年F組で書記委員と言う名の雑用を務める。

GW明けの転入生で、
転入当初は喉を痛めて声を出せなかった。

性格は優しく真面目で責任感が強い。

貴重な常識人枠ではあるが、ちょっとドジ。
そして彼女のドジは何故か凄い勢いで周囲を巻き込む。

3年のリルカと寮が同じ部屋。

VOICEROID勢/先輩組


東北・ずん子(とうほく・ずんこ)
東北イタコの一人娘。2年A組。

数年ほど前に東北イタコと一緒に、
海岸に流れ着いていたところをアイに救われる。

ギャグとしか思えないほど虚弱で、
埃が目に入っただけで魂が何処かへ飛び立つ。

しかし蘇生も早いため死ぬ心配はない。

そんな境遇だが性格はのほほんとしていて、
毎日を楽しそうに生きている。


結月・ゆかり(ゆづき・ゆかり)
琴葉姉妹やマキの幼馴染。3年D組で先輩。
同級生のリルカと親友で、地元のイオンでバイトしている。

寮ではなく市内でマンションを借りていて、
4月当初に葵とのルームシェアを提案した。

5月いっぱいまでは葵と同居していたが、
学園に茜が転入することになり、
6月からは入れ替わりで茜と同居する形となった。

なんだかんだ面倒見や外面は良いのだが、
本性はお金に汚くてちょっと黒かったりする。

その黒さは主にひかりに対し発揮されている模様。


結月・ひかり(ゆづき・ひかり)
ゆかりの双子の弟。3年A組。

元々は秋田学園の分校に通っていたが、
事故により分校が全焼し本校に転入。

ゆかりとの同居は全力拒否し寮暮らし。

気は良く、貴重な常識人枠だが、
妙に奔放な女性陣に赤面している事が多い。

気が付くと財布からお金が抜かれている。
犯人は恐らく、ゆかり。

VOICEROID勢/大人組


京町・セイカ(きょうまち・せいか)
23歳、新任の養護教諭(保健室の先生)

秋田学園出身の生徒で、
この年に学園に戻ってきた形となる。

何かと後輩たちにお姉さんぶるが、
なんだかんだと隙が多く詰めが甘い。

背伸びしてお酒を飲んだりもするが、
甘いのしか飲めないしすぐ潰れる困りもの。

イタコの店の常連だが、酔った時の記憶がない事が多い。


水奈瀬・コウ(みなせ・こう)
26歳、葵たちのクラスの担任。

勤続数年が経過し慣れてきたころだが、
同期が何かしらの事情で粛清されているらしい。

基本的に気さくで軽く思えるが、
締める所はきっちり締めていたりする。

なんだかんだ女子人気は高いが、
本人はある程度の線を引いているつもり。

イタコの店の常連。


月読・アイ(つくよみ・あい)
年齢不詳・町で駄菓子屋を営む。

街の長老的扱いなのだが、
50年程前から同じ姿との報告アリ。

・・・と言った話もあり、
付いたあだ名が妖怪ババア、らしい。

経営する駄菓子屋からは、
よく期限切れのものが発掘される。

秋田・きりたん(あきた・きりたん)
秋田学園の校長。東北ではない。
年齢不詳だが見た目も言動も小5っぽい。

生徒を”はっぴー”にすることをモットーに、
1人1人を呼び出し校長室でお話を聞いたりと、
秋田学園に対して非常に前向きに取り組む。

主に高等学部で活動しているため、
中等部ではそこまで認知されていないらしい。

ふわりと友達だが立場は隠している。
理事長の小夏には頭が上がらないらしい。


東北・イタコ(とうほく・いたこ)
(CV:結月ゆかり/現在未発売のため)
数年前にずん子とともに
海岸に流れ着きこの街で暮らすことになる。

アイの助力もあり喫茶店を経営していたが、
赤字続きで夜の居酒屋営業を5月にスタート。

それなりに繁盛していて、危機は脱した模様。

アルバイトのマキに負けず劣らず近寄りがたい風貌だが、
男性客の常連が付いた理由でもあったり。

今一つ、記憶がふわふわしている。

学園Restart:登場人物(オリジナル)

オリジナル勢/???


詩和・禊(うたわ・みそぎ)
(CV:琴葉葵)
オリジナル側の主人公。年齢不詳。
巫女服に身を包む、黒髪の少女。

悪霊に憑かれた葵のお祓いを、
ナガレの依頼により引き受け、葵と知り合う。

以降、葵を気に入ったのか
良く街に姿を見せるようになった。

巫女暮らしが長かったせいなのか、
他人との距離感や世俗に疎い所があり、
鍛えてなかったため女子力もかなり低い。

ナガレの”願い”により、葵と共に
この世界の”楽しい”を探すことになる。


涼風・ナガレ(すずかぜ・ながれ)
(CV:東北きりたん)
年齢不詳で神出鬼没の少女。

何故かいつも、下を穿いていない上に、
悪魔のような尻尾が生えている。

知っている筈がない事を知っていたりと、
その言動には謎が多い。

5月より学園で”監視”のバイトを始め、
学園内でもよく姿を見かけるようになった。

葵に禊を紹介した見返りとして、
この世界の”楽しい探し”を依頼する。

オリジナル勢/同級生組


陽乃下・のどか(ひのした・のどか)
(CV:琴葉葵)
1年F組の委員長。
同級生に従姉妹のひより、
中等部に妹のふわりがいる。

トレードマークは長い二つおさげだが、
転入生のあかりと被ってしまっている。

責任感も強く誰かのため、と動くが、
多少、内罰的なところが見え隠れしている。

性格は気さくで基本的に優しいが、
ちょっとドジが多い。これもあかりと被る。

母のひなたとそれほど仲良くないらしい。


陽乃下・ひより(ひのした・ひより)
(CV:琴葉葵)
1年F組。のどかとは従姉妹の関係。
足元が見えないくらい胸が大きく、よく屈んでいる。

陽乃下家に居候し学園に通う予定だったが、
入学式前に交通事故に遭い意識不明の状態だった。

しかし6月に目を覚まし、無事7月に合流した。

一期最終話で彼女の願いの”解決”をきっかけに、
世界は一つ、真相に向かう事となった。


美坂野・しずか(みさかの・しずか)
(CV:結月ゆかり)
1年F組。学園で葵の最初の友達。
中等部に妹のしいねが、大人組に姉のひびきがいる。

常に笑みを絶やさず、人当たりが良く、
悪意を悪意と受け取らない天使のような性格。
他人の為なら”色んな意味”で身を投げ出す。

聖人のような人物だが1つだけ取り返しのつかない問題がある。
それは、物凄く性的要求(&承認要求)が大きいと言うこと。

新学期当初は隠していたが疼きを抑えられず、
葵のアドバイスにより見事に隠さなくなってしまった。

割とすぐ脱ぐ。恥じらいなんてない。


月乃下・はるか(つきのした・はるか)
(CV:結月ゆかり)
1年F組。葵の同級生。
モデルのようなスタイルの美人系。
双子の弟に翔馬がいる。

自信家で自分自身の美貌を誇る。
昼食時は窓際で黄昏ながらスコーンを食べている。

でも、見事に中身が追い付いておらず、
尊大だけど非常に足元がお留守で小心者。

いわゆる、残念美人。
(出番が増え次第追記予定)


月乃下・翔馬(つきのした・しょうま)
(CV:水奈瀬コウ)
1年F組。葵の同級生。双子の姉にはるかがいる。
平均的な高校生男子で、程よくスケベでお調子者。

割とマキとウマが合うらしいが、
あくまで悪友関係から進みそうにない。

姉と比べると何処か現実を見ていて、
なんだかんだと常識人枠である。

歯見せ笑顔が似合う話しかけやすい少年。
(出番が増え次第追記予定)

オリジナル勢/先輩・後輩組


白石・リルカ(しらいし・りるか)
(CV:琴葉葵)
3年D組の先輩。ゆかりの友達。
高校寮であかりとルームメイトで、中学寮に妹の由真がいる。

身長が180近い上に目つきが鋭く、胸がゆかりと互角に無い。
髪を伸ばしているのは男にみられる事が多いから、らしい。

たまに女子に告白されて本気で困っている。

口数少ないが可愛いものが好きで、割と女性的。
寮なので披露する機会は少ないが女子力も高い。

作中でも上位レベルの常識人で苦労人である。


白石・由真(しらいし・ゆま)
(CV:琴葉葵)
中等部2年で葵のルームメイト。
高等部3年のリルカの妹。

金髪・八重歯・ツインテール・強気、と、
比較的テンプレートな性格と容姿を持つが、
アクが強すぎるこの学園では弄られ気味。

特にしいねは天敵らしい。
(出番が増え次第追記予定)


美坂野・しいね(みさかの・しいね)
(CV:結月ゆかり)
中等部2年。しずかやひびきの妹。
後輩組とは思えない胸囲と謎の色気を誇る。

常に血圧が低そうな喋り方と表情で、
興味がないことには恐ろしくそっけない。

性格はお世辞にも良いとは言えないが、
美坂野三姉妹では一番現実的かもしれない。

最近は電動マッサージ機がお気に入りで、
よく由真で遊んでいるらしい。基本的にドS。


月乃下・依々華(つきのした・いいか)
(CV:紲星あかり)
中等部1年。翔馬とはるかの妹。
葵と由真のルームメイトでもある。

最近九々が出来るようになった底抜けのバカだが、
性格は明るいし嫌味が無いので割と愛されている。

姉や兄を尊敬していて、
いつかああなりたいと思っている。
(出番が増え次第追記予定)


陽乃下・ふわり(ひのした・ふわり)
(CV:琴葉葵)
中等部1年。のどかの妹。
通称、ふーちゃん。きりたんと友達。

引っ込み思案で小動物系だが、
気を許すと良く懐く癒し系な性格。

学食で戸惑っていた時に葵に助けて貰い、
以降は葵を慕っている。

母のひなたはのどかよりも
ふわりのほうを気にかけている節がある。

オリジナル勢/大人組


陽乃下・ひなた(ひのした・ひなた)
(CV:琴葉葵)
のどかとふわりの母。
常にニコニコしているが何処か浮世離れしている。

性格はマイペースでおっとり。
“なぁん”という口癖があり、よく鳴く。

厳格な家の生まれでお嬢様育ちだったが、
20歳の時に夫と出会い、のどかを授かり、
かなり”揉めた”らしいが、夫が婿入りし
常に”監視する”と言う条件で結婚を許された。

母のひなたはのどかよりも
ふわりのほうを気にかけている節がある。


御手洗・トメ子(みたらい・とめこ)
(CV:琴葉茜)
ゆかりのマンションの隣人。
縁故で7月から学生寮の寮母になった。

自称アイドル”まじかる☆くるみん”。

しかし30代臭がするし、
アイドル活動をしている素振りもない。
性格はぶりっ子で痛いと言うかきつい。

喫煙家で匂い消すために香水を振りかけ、
近づいてくると割とムセるレベルで臭い。

しかも葵が引っ越してきたころより、
何だか幼くなって胸が大きくなったので整形疑惑がある。

奏音とは”縁故”らしいが詳細は語らない。


御手洗・奏音(みたらい・かのん)
(CV:琴葉茜)
秋田学園の非常勤講師。

浮世離れした露出が高い服装を好み、
見た目はまるでファンタジーの悪役魔法使い。

実際に見られる事に快感を覚えるようで、
本人も認めているが自己顕示欲がかなり強い。

なお、自分を見せるのが好きなだけで、
勘違いして寄ってきた男は”制裁”するらしい。

くるみんとは縁故らしいが仲が良さそうには見えない。


温州・小夏(うんしゅう・こなつ)
(CV:琴葉葵)
秋田学園の理事長。きりたんと負けず劣らず幼い。

厳密には教育者では無いのだが
中等部中心に学園内でで見かける事が多く、
小夏は中等部の校長的役割を代理していると思われる。

平坦な性格で、抑揚が無い声で喋り、
取り繕ったように敬語の語尾を付ける。

行動が突拍子もなく、急に脱ぎだした生徒に
対応するために謎の光発生装置を設置したりと、
行動力が明後日の方向に発揮されることが多い。

蜜柑と言う姉がいる(本編未登場)。


陽乃下・緑葉(ひのした・りょくは)
(CV:紲星あかり(仮))
のどかの祖母。回想で登場した。
見た目が異常に幼いが年齢はお婆ちゃん。
(出番が増え次第追記予定)


陽乃下・大樹(ひのした・たいじゅ)
(CV:水奈瀬コウ)
のどかの祖父。一瞬だけ登場した。
(出番が増え次第追記予定)

オリジナル勢/本編未登場


美坂野・かなた(みさかの・かなた)
(CV:未定)
美坂野家の長男。しいねに嫌われている。
見た目はイケメンだが引きこもりオタク。

年齢的にはしずかとひびきの間。


月乃下・優雅(つきのした・ゆうが)
(CV:未定)
月乃下家の長男で社会人。
はるかに”お兄さま”と慕われている。


御手洗・姫冠(みたらい・てぃあら)
(CV:未定)
くるみんの妹。そこそこ良い歳。

名前のせいでグレていた時期があり、
今もその時のギャルファッションを維持している。

名前で苦労する人生を歩んだせいか。
今は丸くなっていて、喋ると案外普通。

VOICEROIDで学園モノ一期とは?


オリキャラで劇場をやりたい!

・・・という作者の我儘で
無軌道なままにスタートされたシリーズ。

長らく方向性が定まらない上に、
キャラクターが多くほぼ登場回だけで話が進んでいた。


しかし2018年3月に今までと雰囲気がうって変わり、
後半はシリアス展開になった“太陽の下で”が完結し一期が終了。


その後、とある世界の”罪人”の話が始まり、
仕切り直しと言う形で世界の真相に迫るRestart編が開始した。

この”罪人”は他シリーズ(完結)で罪を犯したものだが、
未視聴者でも判るようには今後は展開する予定である。

・・・理解度が高まるので、視聴するに越したことはないが。

 

ニコニコ動画 / YouTube

■■関連リンク■■

 結月ひかりとボイロ娘の物語(並行連載)

 

スポンサードリンク